作品履歴

本公演

第八回本公演「新撰組哀歌-びいどろ揚羽蝶-」

一回本気で新撰組を描いてみたい、局長に芹沢鴨になってもらって舞台上で死んで欲しい。

そんな劇団員の願いを叶えるところから始まった本作品。

綿密な現地取材を元に生み出された、今までの定説を覆す超傑作。

歴史学者あさくらゆう氏全面協力の下、新撰組ファンをして「今まで見た新撰組もののお芝居で一番納得した」と言わしめ、劇団を大きく前進させた大作。

歴史上あまりに誤解の多い芹沢鴨の真実を正面から描き、魂を開放したと言われ、あまりにも傑作すぎて、一回で終わるはずが次回作を生み出してしまった伝説の作品!