お知らせ

2017 / 05 / 30  21:57

『古事記-日本の始まりの物語-』終演。そして始まりへ。

劇団歴史新大陸十周年記念 第十回本公演『古事記-日本の始まりの物語-』は無事に、そして大盛況のうちに終演いたしました。
いつもにも増して、語り尽くせないほど色んな感謝のご縁が次々と訪れた今回の公演。
まずはこの公演を暖かく見守り、たくさんの素晴らしいご縁を下さり、後押しくださった八百万の神々に心から感謝申し上げます。

 

そして舞台上も舞台裏も、誰一人手抜きすることなく全身全霊で、日本の始まりの物語を一緒に作ってくれた全関係者の皆様に衷心よりの友愛と敬意を表します。

 

なにより舞台芸術、エンターテイメントというのはお客様との心の交流無しでは成り立たないものです。
客席で私達の真剣を魂で受け止め、感動し、楽しんでくださったすべてのお客様に本当に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

劇団としての観客動員数は今まで右肩上がりで来ておりましたが、今回は大幅に更新されました。
当日券なども含めますと、1400人超の方々に劇場に足をお運びいただきました。

ただ、個人的な目標には届かず、実は悔しい思いをしております。
こんなに、皆さんが頑張ってくれたのに自身の営業力の無さに、申し訳無さでいっぱいです。

 

しかし、舞台の内容は本当に素晴らしい物をお届けできたと思っております。
「古事記」をこの規模で、このクオリティで、しかもよくあそこまでまとめたものだ!という賞賛のお声を本当に色んな方々からいただいており、自画自賛が大好きな私の(笑)自賛を遥かに超えるお褒めのお言葉をいただいております。

これは何も私一人の力でも何でもなく、本当に全関係者の努力の賜物と、神々の応援のお陰ですから、この評価は全関係者でありがたく受け止めさせていただきます。

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0008.jpg

今回、アマテラス役の鳳さんをはじめ、佐々井隆文さん、二木智耶子さん、野口尋生さん、畠山智行さん、菅野智志さん、本田愛さん、YUKKOさん、など素晴らしい魂と技量を持ったベテラン勢のお力をお借りすることができ、また伝統芸能の最高峰、石見神楽のお力をお借りすることもでき、若手もその凄まじさを間近で吸収してくれたと思います。
私は、演出・主演・製作総指揮という立場でもありますから、細々としたところに目が行き届かず、配慮が行き届かない部分もあったかと思いますが、その部分を本当に快くカバーしていただきました。

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0021.jpg

 

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0023.jpg【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0034.jpg

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0053.jpg【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0060.jpg

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0035.jpg【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0029.jpg

 

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0039.jpg【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0059.jpg

また若手も、そのやる気とフットワークの軽さをフルで発揮し、序盤からお手伝い、ギリギリまで情報拡散にと、八面六臂の活躍をしてくれました。
本当に心から愛おしく感じております。

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0038.jpg

 

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0030.jpg

今回は、豊島宏史、真野翼、の二人は新劇団員として初めて挑んだ本公演で、いきなりこんな大舞台に立たされ、色々悔しい思いもあったでしょうし、自分の力量不足に眠れない夜を過ごした事もあったでしょう。
しかし、この公演を通じて本当に大きく成長してくれました。
特に精神的な成長が大きいと思います。
技術的な事は誰だって現場を踏めばそれなりに成長はいたしますが、この精神面というのは、覚悟と責任感をもってすべてを「我が事」として命がけで事に臨まなければなかなか成長するものではありません。
今回の成長は、二人の持って生まれた素直さと、感謝の気持ちを忘れないところが大きいと思います。
今後共、二人を厳しく暖かくご指導下さいますようお願い申し上げます。

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0024.jpg

 

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0033.jpg

さて、今後の『古事記-日本の始まりの物語-』ですが、こんなスゴイ物語を東京だけで終わらせるのは勿体無い!というお声を本当に沢山いただいております。
実際お届けしたこちら側の気持ちも、同じく東京だけで終わらせるのは勿体無い!という風に思っております。
打ち上げで、我らがスーパー脚本家の天沢さんとガッチリ握手をし、スゴイものが産まれましたねとしみじみを語り合い、ヒシヒシと手応えを感じておりました。
なにせ、日本の始まりの物語ですから日本全国にお届けしなけりゃならないと、使命を感じております。

 

始まりの物語の、まさに始まりとなる公演に致したいと思っております。

 

実現するためには、もちろんこの作品をお届けする意義に共感し、協賛くださる方々のお助けが無ければ成り立ちません。
地元で観たい!という方々は是非とも、実現のためのご縁をお繋ぎいただけますよう、何とぞお願い申し上げます。

 

最後に改めまして、どんな形でも本公演に関わっていただいたすべての方々に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました!

【公開オッケー】ゲネプロ速報版_170530_0040.jpg